Duangjan ドゥワンチャン【公式】

糸島の海辺のタイ料理レストラン

タイに行ったら飲みたいタイのお酒特集

約 6 分

お知らせ

続きを読む

サワディカ。ドゥワンチャン店主松浦メーオです。

タイに行ったら何のお酒を飲みますか?又は飲んだことがありますか??

私はタイ人の友達に最初にシンハービールというものを教えていただきました。それからのんべえの友達が増えていき、いろんなタイのお酒や飲み方を知りました笑

今後タイへ行かれる方、お酒好きなお父さんや友達のお土産など役立てていただけたらと思います。

まずは定番タイのビール

シンハービール

日本の方はタイへ旅行へ行くと必ず飲むのがシンハービール

少し辛口な感じが日本人には人気なのでしょう。

シンハービール 約40バーツ(130円)コンビニ価格

レストランなどは90〜300バーツとお店により価格が違います。

日本では小瓶になりますがタイでは大瓶があります。

ライト(カロリーオフもあり)

 

緑→チャーンビール

象さんのマークが可愛いチャーンビール

シンハー派かチャーン派ってくらい味が別れるビールです。

青→タイガービール

シンガポールのビールですがアジアで人気のビールです。

リオビール

タイ人は大好きなリオビール

リオビールはラベルが好きだし味も飲みやすく個人的にこのビールが1番好きです!

氷を入れてグイグイ飲むのがタイスタイル(昔は冷蔵庫がない、あまり冷蔵庫が冷えてないお店が多かったのでタイ人は氷を入れて飲むというスタイルが定番でしたが今では電化製品もよくなり冷えたビールがどこでも飲めるようになって着たので氷を入れて飲まないタイ人も増えましたね)

私は氷派です!美味しいですね〜のどごしスッキリ!

スノー

シンハービール社が新しいクラフトビールを出したと聞いて早速買って飲んでみたビール

ヒューガルデンのようなベルギービールのようなおしゃれな味でした。

タイ料理にというよりはイタリア料理などに合いそうな味ですね。

 

フルムーン

その他

プーケットビール、アーチャービール(低価格)、フェダーブリュー、Uビールなどあります。

 

世界でも絶賛されるタイワイン

モンスーンバレー

バンコクから約150km 標高約300メートルに位置する高原

カオヤイ

PBワイナリー(1998年〜)

タイで1番老舗のワイナリーでシンハービール製造元の一族が経営しています。

ワイナリー巡りツアー毎日開催されています。

こちらのPBワイナリーでは試飲できますよ。お料理もあり、ワイナリーを眺めながら開放的な雰囲気がワインを一層美味しくさせてくれますね!!

PB Valley Khao Yai Winery

住所:102/2 Moo5 Mittraphap RD,Payayen Pakchong Nakhon Ratchasima ,Thailand

TEL:66 36 226 415

 

グランモンテ

こちらはグランモンテワイナリー PBワイナリーから少し行った所にあります。

ここも試飲できますし、レストランもあります。

個人的にここのワイナリーがとってもお気に入りでどのワインも本当に美味しい。

お気に入りはORIENT SYRAH 2010 とSAKUNA

ワイン以外にもブドウジュースやクッキー、ジャムや石鹸などお土産にも嬉しいプチプライスで販売されています。

ワイナリーにゲストハウスもあり宿泊可能です。週末はワイナリー巡りツアーも開催されていますよ。

 

Granmonte Asoke Valley

住所:52 Moo9 Phayayen Pakchong,Nakhon Ratchasima Thailand

Tel:66 44 009 544

その他パタヤやホアヒンにもワイナリーがあります。

ワイナリー付近には観光も出来るスポットもあります。

 

スパイ スパークリングワイン

ちょっと甘めのタイ産スパークリングワイン

タイ産のワインをベースに作られたフルーティーな味わいのワインクーラー

当店では3種類(赤、白、ロゼ)だしていますがタイには他にもいろんな種類があります。

タイ人の女性はよく飲みますね。スイスイ飲めちゃいます。

タイではウイスキー!ボトル注文で!

右→メコンウイスキー  タイウイスキーと言っても原料は米、サトウキビの糖蜜を原料としてウイスキーというよりは米焼酎の部類に入る。

中央→ホントーン   メコン同様、サトウキビ、カラメル、糖蜜 タイのラムとも言われますがタイ人はだいたいホントーンを飲みますね。

左→モンサイアム  タイ米焼酎 泡盛のルーツとなったのがタイ米の焼酎です。

アイヤラという焼酎もあります。アイヤラの方がスッキリな飲み口。モンサイアムはもう少しコクがありますがタイ料理にとても合います。

その他マンコントーン、センソム、リージェンシー、アイヤラ

ジョニーウォーカー 輸入品ですが、タイ人にはとても人気あります!

日本とタイ飲み方の違いとは?

タイの友達とたまに飲みに行きますが、、ディスコ、グラブなどだいたい何も言わずもビールタワーか何かしらソーダ水とボトルが運ばれてくる。

お酒を飲んでないテーブルなんてないですよ。みんな飲む飲む!!

ノンアルコールビールなんてのもタイには存在しないし。

簡単にボトル1,2本簡単に開いてしまう。

タイではまずグラスに氷を入れボトルのフタ(キャップ)にホントーンをキャップ1,2杯入れソーダと水を少し入れます。

水とソーダのミックスにはびっくりでした!タイ人に注がれたら飲みますけど、ソーダのみのシュワシュワの方が好みです。コーラを入れるタイ人も多いですね!

接客係のアルバイトも気がきく気がきく!!ついつい飲まされちゃうし、一緒に飲んでくれる。

タイでは買える時間が決まっている!

大好きなタイ!しかし私には1つだけ残念なことがあります。

お酒の販売時間が決まっているという事。飲みたいと思った時にコンビニやスーパーでは販売してくれない!昔は張り紙だけだったのに今では扉に鎖がかかってる。

お昼11:00 から14:00  午後17:00から 24:00 までは禁止です。

(レストランなどでは飲めますよ)

しかし闇で売っている所もありますね。私がいつも宿泊するアパートメントの裏に商店がありそこは24時間営業。

キンキンに凍ったビールが置いてあります笑

タクシーやバイタクのお兄さんにホテルまでの帰り道どっか買えるとこある?って聞いたら連れってってくれます。

私のタイでの楽しみは、タイでタイのお酒を飲むのが楽しみの一つでもあります。へへへ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA